三五七や通販サイト、マンボウの干物、サメのたれ。干物(ひもの)は昔ながらの味を受け継ぎ干物(ひもの)の新しい可能性を常に探し続けています。

三五七や最新情報

旅してゴメン
2016年8月27日放送
盛夏の候 旨い魚と海の景色 三重・南伊勢町編で当店が紹介されました!!


【放送内容】
「三重・南伊勢町」を旅してゴメン!旅のスタート神前バス停は港の目の前!さわやかな海の風にわくわくするウドちゃん♪まずは、神崎浦漁港へ向かいお話を伺うことに。 “伊勢まぐろ”の養殖が盛んで、“ヨコワ”と呼ばれるまぐろの稚魚を見せていただきました! なんと、小さいまぐろでも1匹4500円するそうでウドちゃんもビックリ! “ヨコワ”は市場で出回らないため、代わりに伊勢まぐろを使用した“神前丼”が食べられるお店を神崎浦漁協で紹介していただきました。 お昼を楽しみに町を歩いていると、ヒオウギガイを養殖しているお父さんに遭遇。“アッパッパ”と呼ばれる貝を豪快にウドちゃんの目の前に獲って見せると、 パカパカと口を開けて喋るような貝の不思議な動きに目が釘付け!お土産に“アッパッパ”をたくさん頂きました♪ 漁協に戻る途中、先ほどの漁港の方が“ヨコワ”を持ってきてくださり、そちらも頂くことに! そこへ、たまたま足を止めた少年がウドちゃんに声をかけます。
旅してゴメン
仲良くお話しながら一緒に神崎浦漁協に戻り、お店の状況を確認して「ありすえ」を訪ねることにしました。 少年と別れた後、町の外れで会合しているのを発見! 近づいてみると、全員80歳以上の7人のお父さんが集まっていました。 90歳近くというお父さんに健康の秘訣を伺い、皆さんに元気をもらって再び「ありすえ」に向かいます♪ お店に着くと、念願の“神前丼”だけではなく、先ほどお土産に頂いた“アッパッパ”は焼いて、“ヨコワ”は刺身にしていただき、どれも大満足!貴重な“ヨコワ”の味に感慨深い気持ちになりました。 最後は視聴者情報を元に、干物を扱う「三五七や」に向かいます。内臓も丸ごと食べられる味わい深いスルメイカの干物をお酒とともに堪能し、町の人の優しさに包まれて今回の旅を締めくくりました。
という内容でした。(旅してゴメンホームページより抜粋)

自慢のひものを燻製して、おつまみを作りました。

三五七やの自慢のひものを燻製

干物(ひもの)をもっと手軽に味わってもらいたい。
そこで出来上がった干物を燻製にして、そのまま食べられる、おつまみにしました。
味がしっかりしているのでビールのおつまみは勿論、お茶漬けにも!
保存料無添加なのに常温保存できるので、いつでもどこでも楽しめます。
燻製後、じっくり熟成して旨味が凝縮した味わい深い逸品です。

三五七やの自慢のひもの燻製

まんぼうくん

まんぼうくん

三重県、南伊勢町産の海の幸を天日に干して、くんせいしたら、そのまま食べられる美味しいおつまみになりました。
翻車魚(マンボウ)を干物にしたあと燻製しました。
焼き肉のミノやイカのようなシコシコした食感が人気です。


漁の都合により発送が遅れる場合があります。


350円(税込)数量
 

サメたれくん

サメたれくん

三重県、南伊勢町産の海の幸を天日に干して、くんせいしたら、そのまま食べられる美味しいおつまみになりました。
鮫(サメ)を干物にしたあと燻製しました。
「サメ」と言うと怖そうですが、カワハギのような風味で食べやすいですよ!


漁の都合により発送が遅れる場合があります。


350円(税込)数量
 

干物商品ラインナップ

旨味が凝縮した南伊勢町の海の幸を是非、お楽しみください。

まんぼう(切り身)

まんぼう(切り身)

漁の都合により発送が遅れる場合があります。


500円(税込)数量

サメたれ(醤油)

サメたれ(醤油)

漁の都合により発送が遅れる場合があります。


350円(税込)数量

たちうお

たちうお

500円(税込)数量

刻みうつぼ

刻みうつぼ

350円(税込)数量

するめ一夜干し

するめ一夜干し

漁の都合により発送が遅れる場合があります。

500円(税込)数量

おまかせ詰合せ

おまかせ詰合せ

おまかせ詰合せ3000円コース 3000円(税込)数量

おまかせ詰合せ5000円コース 5000円(税込)数量

おまかせ詰合せ7000円コース 7000円(税込)数量

↑ PAGE TOP